男の子 産み分け

男の子に産み分ける方法!
男の子が欲しい!という方にゼリーや食べ物など、各種産み分け方法を紹介します

 

男の子の産み分けゼリーで人気が高いのは?

男の子の産み分けゼリーで人気が高いのはどれでしょうか?

 

上の子が女の子だからどうしても男の子を生みたい!主人の希望で男の子を妊娠したいと考える方も中にはいますよね。

 

男の子に産み分けをしたい

 

男女限らず産み分けについて考えた時、最初に出てくる方法が産み分けゼリーを使用する方法ではないでしょうか。

 

あまりなじみがないかもしれませんが、産み分けゼリーは安全に手軽に使えるので産み分け方法としてはおすすめの方法です。産婦人科の産み分け指導で使われているところもあります。

 

今回は男の子を産み分けしたいときのおすすめの産み分けゼリーを紹介していきます。

 

まずは一つ目です。ベイビーサポートです。ベイビーサポートの魅力はなんといっても使いやすさと安全性です。

 

ベイビーサポートは手術室と同じくらいのきれいな環境で製造されています。膣内に挿入すること、産み分けに使うことを考えると安全性は重要と考える方が多いのではないでしょうか。

 

そして、あらかじめゼリーが注射器の中に入っていて、1回1回注射器を使い切るタイプなので衛生面や使いやすさも重視されています。

 

続いて二つ目です。ハローベビーボーイです。こちらもベイビーサポート同様使い切りタイプですので、衛生面や使い心地の面で嬉しいですよね。

 

そして、外国産の産み分けゼリーが多い中ハローベビーボーイは日本製ですので安全性も確保されているといえるのではないでしょうか。

 

まとめて買うとお得なキャンペーンも実施しているのでよりお得に購入することもできそうです。

 

男の子の産み分けゼリーをまとめ買いするとお得

 

そして、三つ目です。グリーンゼリーです。昔ながらの商品で従来の産み分けゼリーに慣れていたという方には良いかもしれません。

 

というのもこちらの産み分けゼリーはベイビーサポートやハローベビーボーイと違い、自分でゼリーを作り、注射器に入れて使う必要があります。

 

ゼリーの温度管理などが最初は少し大変かもしれませんが、慣れてしまうと使いやすいという意見もあります。価格を少しでも抑えたいという方におすすめです。

 

 

男の子の産み分けは食べ物や食事でもできる?

男の子の産み分けは食べ物や食事でもできるのでしょうか?

 

男の子の産み分けは食べ物や食事でもできる?

 

産み分けは古くからの歴史があるので、科学的に根拠が認められていない産み分け方法も合わせると様々な産み分け方法があります。

 

その中の一つが食事による産み分け方法ではないでしょうか。産み分け方法が違うにしろ、基本的な考え方となるのは希望する性別の遺伝子情報を持つ精子をより強くし、その精子がより生き延びやすい膣内環境を整えることです。

 

そのため、ある特定の食べ物を摂取することでより男性側の精子を強くしたり女性の膣内環境を整えることができると考えられています。

 

具体的には男性は肉を食べたり酸性の食べ物を食べるとより男の子になる精子が強くなるのでおすすめです。これは肉好きな男性にとっても嬉しい結果ですね。

 

そして、女性は膣内環境をアルカリ性にする必要があります。アルカリ性にするにはアルカリ性の食べ物や野菜などを多く食べる必要があります。

 

男女で食べなければいけない食べ物が違うので、献立を考える方は少し大変かもしれませんね。

 

食事で男の子の産み分けをする夫婦

 

3食全部管理するのは大変なので夕食は産み分け用に献立を工夫してランチは女性の場合はサラダを多めにしたり、男性の場合は魚より肉を意識して食べるなどすると良いかもしれません。

 

 

男の子の産み分けにサプリでオススメなのは?

男の子の産み分けにサプリでオススメなのはどれ?

 

男の子の産み分け用サプリ

 

性交渉前にゼリーを使うだけでなく、もっと産み分け方法を知りたいと考えた方もいるかもしれません。男の子の産み分けについて調べていて、リンカルSというサプリの情報を目にした方もいるのではないでしょうか。

 

リンカルSとはカルシウム製剤の栄養補助食品です。カルシウムなので副作用の心配もなく、妊娠を考えている方も使うことができます。

 

もともとリンカルSは胎児の先天性異常を減らす目的で服用されているサプリでした。しかし、妊娠を希望している女性が継続的に飲むことで男の子が生まれやすくなるということがわかり今は産み分け指導でも使われているサプリです。

 

どうして、リンカルSを飲むと男の子が生まれやすくなるのか科学的な証明はできていないようなのですが、7割から8割の確率で男の子が生まれるというデータもあるほどです。サプリを飲むだけで産み分けが成功するなんて嬉しいですよね。

 

ただし、リンカルSの産み分け効果を得るためには1日4錠を2か月以上続ける必要があります。忘れっぽい人は注意ですね。

 

更に、2日以上リンカルSを飲み忘れてしまう日が続くとそれまでのリンカルSの効果が失われてしまうので再度飲み始めた日から2か月以上摂取する必要があります。

 

男の子の産み分け用サプリを飲む

 

早く妊娠をしたいという方はできるだけ早くリンカルSを飲み始めて男の子の産み分けに備えておくのもいいかもしれません。サプリですし、副作用はないので普段から飲むことができます。

 

<<おすすめの産み分けゼリー比較を見る>>

 

男の子の産み分けに薬は効果あり?

男の子の産み分けに薬は効果ありでしょうか?

 

病院などで産み分け指導を受けると処方される薬があります。薬といってもサプリメントに近く風邪薬や頭痛薬など日常で飲む薬と一緒に飲んでも問題はありません。

 

男の子の産み分けに薬を処方

 

男の子の産み分けの場合はリンカルというサプリメントを飲むことで成功確率が上がるといわれています。

 

リンカルはリン酸カルシウムという成分でもともとは葉酸と同じように妊娠した女性や妊娠を考えている女性が胎児の先天性異常の確率を下げるために服用していました。

 

しかし、リンカルを継続して摂取していた女性の子供は男の子が多いというデータが集まり、今はリンカルは産み分け指導などでも使われています。

 

リンカルの産み分け確率は7割から8割ほどともいわれています。カレンダーや産み分けゼリーなど他の精度が高い方法と合わせて使用してより男の子の産み分け確率を上げたいですね。

 

リンカルは病院で処方してもらうこともできますし、自分自身で購入することも可能です。ただし、服用時には注意点があります。

 

男の子の産み分けに薬を使う場合の注意点

 

リンカルの男の子の産み分け効果を得るためには1日4錠以上を継続して2か月以上飲む必要があります。2日以上飲まない日が続いてしまうと今まで飲んでいた日数もリセットされてしまい、また2か月以上服用する必要があります。

 

忘れっぽい方や怠け癖のある方は注意が必要かもしれませんね。慣れるまでは携帯のアラームなどを設定して確実に薬を飲むようにすると飲み忘れを減らせるかもしれません。

 

 

男の子の産み分けでタイミングはいつがいい?

男の子の産み分けでタイミングはいつがいいのでしょうか?

 

産み分けをする時に性交渉をするタイミングも重要ということをご存知でしょうか。

 

男の子の産み分けでタイミングはいつがいい?

 

女性は排卵日の前後に妊娠しやすいですが、その排卵日の前後の数日間の中でも男の子を妊娠しやすい日、女の子を妊娠しやすい日があります。

 

今回は男の子の産み分けにおすすめのタイミングを紹介します。

 

男の子を産み分けしたい場合は排卵日当日に性交渉をするのがおすすめです。

 

女性の膣内環境は排卵日前後にph値が変化しています。そして、男の子を妊娠しやすい時期はph値がアルカリ性に傾いている時です。

 

女性の膣内は排卵日までは酸性に傾いていますが、排卵日になるとアルカリ性になります。

 

男の子になる遺伝子情報を持つ精子はアルカリ性に強いという特徴があるので、アルカリ性の膣内環境で生き延びる可能性が高まります。

 

タイミングを意識して産み分けをするときは排卵日の特定が必要不可欠です。不妊治療などで産婦人科にかかっている場合は産み分け相談をして排卵日特定をしてもらうのがおすすめです。

 

男の子の産み分けタイミングを病院に相談する

 

産婦人科に現在かかっていない場合は市販の排卵検査薬などで排卵日を特定するのがおすすめです。排卵周期には個人差があるので、最初のうちはタイミングを管理し始めるところからスタートするのもいいですね。

 

 

男の子の産み分けに禁欲は関係ある?

男の子の産み分けに禁欲は関係あるのでしょうか?

 

男の子の産み分けに禁欲は関係ある?

 

男の子の産み分けをするには2種類ある男性の精子のうちY精子を卵子と受精させる必要があります。

 

そのため、産み分けにおいて、女性は膣内環境を整えてY精子を生き延びやすい環境にし、男性はY精子を強く増やすことが必要になります。

 

そして、男性の持つY精子を増やすためには禁欲が効果的です。禁欲をするとY精子の濃度が濃くなるので卵子とY精子が受精する可能性があがります。

 

産み分けにはカレンダーによる方法や産み分けゼリーによる方法などがありますが、それらの方法とあわせて男性は禁欲をしておくことでより産み分けの成功率を高めることが可能です。

 

男の子の産み分けに禁欲は関係がある

 

具体的には排卵日から3日前から5日前から禁欲すると良いそうです。1週間以上禁欲してしまうと精子の濃度は増えますが、精子の運動量が低下してしまい、受精率が下がってしまうので禁欲しすぎは注意しましょう。

 

普段から性交渉をしているカップルの方が妊娠しやすいというデータもあるので、ストレスなく前向きに産み分けにトライできると良いですね。

 

 

男の子の産み分けにローションは必要?

男の子の産み分けにローションは必要なのでしょうか?

 

男の子の産み分けにローションは必要?

 

普段、セックスの時にローションを使用している夫婦もいるかもしれません。膣内が潤うことでより気持ちよくなるので使っているということもあるかもしれません。

 

しかし、産み分けの時にローションを使用するときは少し注意が必要です。というのも女性の膣内環境が酸性よりになってしまうと男の子を妊娠しにくくなるからです。

 

普段、使用しているローションの成分などを確認しておいた方がよさそうですね。

 

また、産み分けゼリーを男の子の産み分けに使用しているという夫婦もいらっしゃるかと思います。その場合、ローションを使うことで産み分けゼリーの濃度が薄まってしまうのであまりおすすめできません。

 

男の子の産み分けにローションはおすすめできない

 

産み分けゼリーは名前の通り、ゼリー状になっているので膣内で潤滑剤の役割も果たします。普段はローションを使っているという方も男の子の産み分けを考えるときは産み分けゼリーの使用を検討してみるのもおすすめです。

 

 

男の子の産み分けでコーヒーは飲んでもいい?

男の子の産み分けでコーヒーは飲んでもいいのでしょうか?

 

産み分けの歴史は古く今、伝わっている産み分け方法には様々なものがあります。
その中の一つで男の子の産み分け方法として、コーヒー好きの男性にとっては嬉しい産み分け方法があります。

 

男の子の産み分けでコーヒーは飲んでもいい?

 

それは性交渉前に男性がコーヒーを一杯飲むという方法です。

 

コーヒーを飲むと男の子の遺伝子を持つ精子が強くなり活発に動けるようになるというデータがあるからです。

 

男の子の精子が強くなるので結果、女性側の卵子まで男の子の遺伝子情報を持つY精子がたどり着きやすくなり、産み分けに効果的ということです。

 

また、精子自体の活動も活発になるため、不妊治療の一環として男性にコーヒーを飲むようにすすめている医者もいるようです。

 

ただし、飲みすぎは注意が必要です。

 

男の子の産み分けでコーヒーの飲み過ぎに注意

 

逆にコーヒーを飲みすぎてしまうと精子の遺伝子情報を壊してしまうという研究データもあるようです。日ごろからコーヒー好きでコーヒーを1日に大量に飲んでいるという男性は注意が必要ですね。

 

 

男の子の産み分けで、たいいは何がいい?

男の子の産み分けで、たいいは何がいいのでしょうか?

 

男の子の産み分けで、たいいは何がいい?

 

男女の産み分けは男性側が持つ精子で決まります。そのため、産み分けをする時は希望する性別の遺伝子の精子をより強くし、卵子に受精する確率を上げる必要があります。

 

産み分け方法としてたいいを意識するという方法があります。というのも、男の子になるY精子はアルカリ性に強いという性質を持つからです。

 

膣内のph値は微妙な変化するので、その変化を利用して男の子の産み分けをするといいでしょう。

 

女性が感じることで膣から分泌液が出ます。そして、それはアルカリ性なので、男の子を産み分けたい場合は女性が気持ちよく感じるたいいで性交渉を行うことが大切です。

 

また、Y精子ができるだけ受精しやすくするように深くつながることができるたいいで性交渉をするのもおすすめです。

 

男の子の産み分けで、たいいは何がいい?

 

具体的には男の子を産み分けしたいときにおすすめのたいいは正常位、高腰位、騎乗位、肘膝位などです。いくつか試してみてよさそうなのを見つけるのもいいですね。

 

 

男の子の産み分けにリンカルは有効?

男の子の産み分けにリンカルは有効なのでしょうか?

 

男の子の産み分けにリンカルは有効?

 

子供は絶対男の子が欲しい!と考えて男の子の産み分けについて調べていて「リンカル」という言葉を目にした方も多いのではないでしょうか。

 

リンカルは産婦人科などの産み分け指導でも使用されているくらいメジャーな産み分け方法です。産み分け方法の中でも有効な方法といえるでしょう。

 

リンカルはリン酸カルシウムという略称でもともとは妊娠をしたい方や妊婦さんが胎児の先天性異常を防ぐ目的で服用をしていました。

 

しかし多くの妊娠を希望している女性が飲む中で継続して飲むと男の子が生まれやすいということがわかりました。科学的にはまだ証明できていませんが、その確率は8割程度ともいわれています。

 

そのため、産み分け方法で有効と考え取り入れている産婦人科なども多いです。

 

男の子の産み分けにリンカルは有効と考える医師

 

ただし、リンカルをただ飲めばいいというわけではありません。妊娠したい2か月以上前から毎日女性は継続してリンカルを飲む必要があります。2日以上忘れると再びリセットなので飲み忘れに注意する必要があります。

 

 

男の子の産み分けで排卵日は関係ある?

男の子の産み分けで排卵日は関係あるのでしょうか?

 

男の子の産み分けで排卵日は関係ある?

 

産み分け方法の一つにカレンダーを利用するものやタイミングを利用するものがあります。これは女性の排卵日を特定し、希望する性別を妊娠しやすい性交渉のタイミングを調べる産み分け方法です。

 

これは女性の膣内の排卵日前から排卵日にかけての変化が関係しています。女性の膣内は排卵日前はph値が酸性に傾いていて、女の子になるX精子が生き延びやすいという特徴があります。

 

それに対して、排卵日当日になると女性の膣内のph値はアルカリ性に傾き、男の子のY精子が生き延びやすく受精しやすくなります。

 

そのため、男の子の産み分けをしたい場合は排卵日当日に性交渉をすると良いでしょう。

 

排卵日によるタイミングをみて男の子の産み分けをする場合には排卵日の特定が当然重要になってきます。

 

男の子の産み分けをする場合には排卵日が重要

 

不妊治療などにすでに通っている場合にはそこで排卵日の特定をしてもらうのが確実でおすすめです。また、排卵検査薬は市販されているので自分で調べることもできます。

 

 

男の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬は?

男の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬はどれでしょうか?

 

妊娠する可能性のある日を調べるためや自分がちゃんと排卵をしているのか確かめるなどの時に排卵検査薬を使う方が多いと思われます。

 

男の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬は?

 

そして、排卵検査薬はそれ以外にも産み分けで使う方も多いです。男の子の産み分けをするには排卵日に性交渉をするのが有効です。そのため、確実な排卵日を知りたいという方も多いでしょう。

 

産婦人科などにかかっていない場合は自分自身で排卵日を調べるのが手軽でおすすめです。排卵日は排卵検査薬で調べることができます。

 

男の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬は手軽に計測できて比較的安価なものがおすすめです。クリアブルーなどは世界No.1シェアで初めて排卵検査薬を使う方にも使いやすくおすすめです。

 

男の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬クリアブルー

 

男の子の場合は排卵日当日を知ればいいので、排卵検査薬ではっきり結果が出やすいという特徴があります。反対に女の子の産み分けをしたい場合は排卵日2日前を知る必要があるので高性能な排卵検査薬がおすすめです。

 

 

男の子の産み分けの体験談や口コミはどんな感じ?

男の子の産み分けの体験談や口コミはどんな感じなのでしょうか?

 

男の子の産み分けをしたい!と思っても周りになかなか相談したりということは難しい方もいるのではないでしょうか。

 

世の中には不妊で悩んでいる方もいるのに、性別の産み分けをするなんて反感をかうのではないか、産み分けは自然に反すると反対されるのではないかなどを心配して親しい友人や身内の間でも産み分けの相談はしにくいことが多いです。

 

そんな時は実際に男の子の産み分けをした体験談や口コミを読んでイメージをつかむのがおすすめです。今回はいくつかの体験談や口コミを紹介します。

 

神奈川県 35歳 女性 Iさん

男の子の産み分けの体験談や口コミ

 

上が女の子だったので、2人目は男の子希望でした。私は「男の子だったらいいなー」くらいでしたが、主人の方が産み分けに積極的でいろいろ調べてくれました。

 

まず、基本的な排卵日当日に仲良くすることや男の子の産み分けに良いとされている正常位で時間をかけるセックスなどをしてみました。

 

私がやったのは正直、排卵検査薬を使用して排卵日を特定することくらいです。排卵日を主人に伝えるのはなんだか恥ずかしかったですが、主人はそれほど気にしていないのでよかったです。

 

男性の中には、女性側からそういうことを言われるのを嫌がる方もいるのでそうした方がパートナーの場合は伝え方に工夫するといいかもしれません。

 

主人の方は食べ物に気を使ったりいろいろしていたそうです。仲良くする前に男の方がコーヒーを1杯飲むと男の子の産み分けに良いという情報を仕入れたのかコーヒーを飲んでいるのを見たこともあります。

 

結果的に私たち夫婦は希望する男の子を授かることができました。主人も大喜びで自転車で出かけたりキャッチボールをしたりと楽しそうに過ごしています。

 

京都府 34歳 女性 Yさん

男の子の産み分けの体験談や口コミ

 

夫婦の意見として、男の子がほしいということは一致していたのですが、主人は仕事が忙しく具体的に産み分けに参加するということは難しい状況でした。

 

そこで私が試した産み分け方法はリンカルを飲むという方法でした。これはかかりつけの婦人科に産み分けについて相談した時におすすめされた方法です。

 

飲み始めた時はなぜ私ばかり毎日忘れずにリンカルを2か月も飲むのか、どうして私ばかり負担があるのかと主人に対して言葉にできない不満がありましたが、それでも飲み続けました。

 

結果、無事に男の子を出産。主人にははっきり言いませんが、「私のおかげよね」と思っています。今は息子も3歳になり母親べったりで毎日可愛がっています。

 

 

男の子の産み分けに失敗する可能性は?

男の子の産み分けに失敗する可能性はどれくらいでしょうか?

 

男の子の産み分けに失敗する可能性は?

 

産み分けをしていた場合、希望する性別の子供が生まれなかった時、それは産み分けの失敗になります。わが子は性別がどちらでも可愛いですが、産み分けをしている方にとっては希望する性別の子供が生まれてほしいですよね。

 

男の子の産み分けに失敗してしまう可能性は存在します。現在の医学では100%確実に産み分けが成功する方法はないからです。

 

例えば、産婦人科などでも男の子の産み分け時に飲むようにすすめられるリンカルも正しく飲んでも効果は8割程度といわれています。つまり2割程度は産み分けに失敗してしまうということです。

 

産み分けの失敗を防ぐにはいくつかの方法を組み合わせて実践することが大切です。そうすることで失敗の可能性を少しでも減らすことができます。

 

また、産み分けは女性だけで行っても効果が少ないのでパートナー同士協力して男女それぞれ産み分けを実践することも大切になります。

 

男の子の産み分けに失敗しないために協力する

 

また、産み分けに成功する前に年齢の問題などで諦めてしまう夫婦も中にはいますので余裕をもって産み分けを開始するのも大切です。

 

 

男の子の産み分けは病院でもできる?

男の子の産み分けは病院でもできる?

 

男の子の産み分けをしたいけれど自分たちで全てやるのは不安と感じる方もいるかもしれません。そんな時は病院で産み分け指導を行ってもらうのもおすすめです。

 

男の子の産み分けは病院でもできる?

 

既にかかりつけの婦人科や産婦人科がある場合にはそこで軽く産み分け指導について相談してみるのも良いかもしれません。

 

しかし、産み分けは自然に反するといってあまり良い反応を示さない病院や医師もいます。産み分けに対するノウハウが少ない産婦人科もあるので、産み分け指導を積極的に行ってくれる病院を探すのもいいでしょう。

 

病院で男の子の産み分け指導をする場合でも基本的には同じです。女性はリンカルを飲むようにすすめられて、排卵日を特定し性交渉のタイミングを医師に知らされるようになるでしょう。

 

男の子の産み分けについて病院で相談

 

排卵日の特定などは医師がやった方が正確に行えることもあります。また、インターネット上にある産み分け方法の中には間違っていたり信ぴょう性がないものもあるので、病院で確実な指導を受けるのも一つの方法です。

 

 

男の子の産み分けカレンダーは?

男の子の産み分けカレンダーとはどんなもの?

 

産み分けは世界各地で古くから行われてきました。その中でも中国式カレンダーは現在でも使用されているメジャーな産み分け方法の一つです。

 

男の子の産み分けカレンダーは?

 

中国式の産み分けカレンダーは昔、中国で母親の生年月日と受精日、子供の性別の統計データを集めてカレンダーにしたものです。統計データなので今でも一定の効果があります。

 

インターネット上にも希望する子供の性別、母親の生年月日を入力するとおすすめの性交渉日を教えてくれるサービスなどがあります。

 

実際にすでに生まれた子の生年月日や母親の生年月日、受精日などを入力したら実際の子供の性別と一致しているということもかなり多く、信ぴょう性の高いデータのようです。

 

インターネット上の男の子の産み分けカレンダー

 

ただ、人間の体は排卵日付近の性交渉でないと妊娠する確率は低いので、中国式の産み分けカレンダーを使用すると同時に排卵日の特定をして、排卵日当日性交渉するようにしましょう。

 

他の産み分け方法と合わせることで産み分けカレンダーはより効果的になります。