女の子 産み分け

女の子に産み分ける方法はこちら!
ゼリーやサプリなど女の子に産み分けのおすすめ方法を紹介!手軽な方法でストレスなく産み分けをしよう!

 

女の子の産み分け方法にはどんなものがある?

女の子の産み分け方法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

上の子が男の子ばかりでどうしても1人くらい女の子を産みたいという場合や、一姫二太郎を参考にして女の子を産みたいという方もいるのではないでしょうか。

 

女の子の産み分け方法とは

 

産み分けの歴史は古く、科学的に効果が立証されていない民間療法もあわせるとかなりの数があります。どれを取り入れたら良いか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は比較的メジャーな女の子の産み分け方法を紹介します。

 

まず、現在一番主流な産み分け方法は産み分けゼリーを使用する方法です。

 

産み分けの方法としては女性は膣内の環境を整えて希望する性別の遺伝子を持つ精子が生き延びやすい環境にする、男性は特性の性別の遺伝子を持つ精子を強くすることが目的ですが、産み分けゼリーの場合簡単に膣内環境を整えることができます

 

次に人気があるのは、カレンダーによる産み分け方法です。女性の体は産み分けゼリーを使用しなくても排卵周期に合わせて膣内環境が変化しています。その変化を読み取ることで女の子の産み分けをする方法です。

 

他には食べ物を工夫して女の子を妊娠しやすくする方法、サプリを利用する方法などもあります。食べ物やサプリによる方法は産み分けゼリーやカレンダーによる方法と組み合わせて試している方が多いです。

 

無理のない範囲で女の子の産み分け方法を実践

 

無理のない範囲で心身ともに健康をそこねない範囲で自分たちができる産み分け方法を行うのが産み分けを行う近道ではないでしょうか。

 

 

女の子の産み分けゼリーで人気なのは?

女の子の産み分けゼリーで人気なのはどれでしょうか?

 

産み分けで一番メジャーで試しやすい方法としては産み分けゼリーを使用する方法があります。

 

性交渉前に産み分けゼリーを使用することで、女性の膣内のph値を整えることができます。酸性にすると女の子の遺伝子を持つ精子が生き延びやすいので女の子を産み分ける可能性が高まります

 

産み分けゼリーで女の子に産み分け

 

産み分けゼリーで大切なことはまずは希望する性別の産み分けゼリーを選ぶことです。男の子の場合の産み分けゼリーを選んでしまうと効果が真逆になってしまうので要注意です。

 

他には使いやすさや安全性、価格なども重要視している方が多いようです。リラックスして性交渉にのぞむためにも使いやすさは大事ですよね。

 

男性の中ではムードを重視している方も多いので長々と産み分けゼリーの準備をしていると嫌がられることもあります。

 

今回はこれらの情報を考慮して特におすすめの女の子用産み分けゼリーを紹介していきます。

 

まずは一つ目!1番おすすめなのはピンクゼリーです。こちらは産婦人科医と共同で開発された使いやすさ、安全性ともに評価の高い産み分けゼリーです。第三者の審査機関によって管理医療機器の認定も受けている品質の高さも人気の秘密です。

 

次におすすめするのはベイビーサポートです。こちらは男の子用と女の子用の2種類があるので間違えないようにしましょう。ベイビーサポートも使いやすさ、安全性などで人気が高いです。

 

ベイビーサポート、ピンクゼリー共通していえるのは使いやすく、注射器が使い切りという特徴があります。

 

従来の産み分けゼリーは自分でゼリーを作りそれを注射器に自分でいれて膣内に挿入する必要がありました。これだとどうしても衛生面で不安を感じたり、ゼリーの温度管理の手間がありました

 

しかし、ピンクゼリー、ベイビーサポートともにあらかじめ注射器にゼリーが入っていて注射器は1回ごとの使い切りです。

 

女の子に産み分けにおすすめの産み分けゼリー

 

使おうと思ったときにすぐ使えるので便利です。

 

<<おすすめの産み分けゼリー比較を見る>>

 

女の子の産み分けは食事でもできる?

女の子の産み分けは食事でもできるのでしょうか?

 

手軽でお金のかからない産み分け方法として人気が高いのが食事による産み分け方法です。

 

食事で女の子に産み分け

 

産み分けゼリーなどの積極的な産み分けをするほどではないという場合にもおすすめです。

 

食事による産み分けで重要なので男性と女性でそれぞれ食べるものが違うという点です。また、希望する性別によっても食べると良い食事はかわってきますので注意が必要です。

 

女の子を産みたい場合は女性の場合は膣内や身体をより酸性に傾ける食事が必要になります。具体的には肉類や酸性の食べ物を食べるようにすると良いでしょう。

 

そして、男性の場合は女の子の遺伝子情報を持つ精子を元気に数を増やす必要があります。その場合は野菜を多く食べ、アルカリ性の食べ物を多く摂る必要があります。

 

ただし、注意をしてほしいのは過度な食事による産み分けは健康を損なう可能性がありますし、ストレスもたまりやすいので注意が必要です。

 

例えば、男性の場合は肉が好きな方も多いですし、野菜ばかりではおなかにたまりにくいと感じる方もいますよね。そのような時にも男性の食事を肉を減らし野菜のみにしてしまうとストレスがたまってしまいます。

 

食事で女の子に産み分けするなら無理のない範囲で

 

普段の生活の中で無理のない範囲で意識をしていくのがストレスなく産み分けをするコツです。

 

 

女の子の産み分けにサプリでオススメなのは?

女の子の産み分けにサプリでオススメなのはどれでしょうか?

 

女の子を妊娠するには女性の身体を酸性に傾けると効果が高まります。食事やサプリによる産み分け確率は産み分けゼリーやカレンダーなどと比較すると小さいですが、少しでも効果を上げたいという方におすすめです。

 

女の子の産み分けにおすすめのサプリはなんといってもクランベリーです。クランベリーには酸性であるポリフェノールを多く含んでいますので、女性が飲むことで身体を酸性に傾けることができます。

 

クランベリーのサプリは女の子の産み分けにおすすめ

 

実際に使用した方の感想には普段は排卵日近くになると粘度の高いオリモノが出ていたのに対し、排卵日近くでもサラサラのオリモノだったといっている方がいます。

 

粘度の高いオリモノは排卵日近く特有のアルカリ性のものなので、クランベリーのサプリを飲んだことで排卵日近くでも膣内が酸性の状態だったのかもしれませんね。

 

また、クランベリーサプリは産み分けにおすすめのサプリですが注意することもあります。それは排卵日まで飲み続けて次の生理が来るまで、もしくは妊娠が確認できるまでには飲まないようにすることです。

 

クランベリーのサプリは女の子の産み分けに使う場合の注意

 

クランベリーには流産の可能性を高めるからと言われています。実際にクランベリーサプリの中には授乳期や妊娠中に飲んではいけないと書いてあるものもあります。

 

 

女の子の産み分けに酢を使っても大丈夫?

女の子の産み分けに酢を使っても大丈夫なのでしょうか?

 

女の子を産み分けるためには女性の膣内環境を酸性に傾ける必要があるとご存知の方は多いと思われます。産み分けについて勉強していると様々なサイトで記載されていますよね。

 

女性の膣内を酸性にする方法はいろいろなものがありますが、酸性と聞いて酢を思い浮かべた方もいるのではないでしょうか。

 

女の子の産み分けに酢を使っても良い?

 

高い産み分けゼリーを使わなくても酢を使えば簡単に膣内を酸性にできるのではないかと考えてしまいますよね。

 

確かに酢を使うと女性の膣内を酸性にすることは可能です。しかし、料理に使う普通の酢をそのまま膣にいれると膣がダメージを受けてしまいます。成分が強すぎるのでどうしても使いたい場合は薄めて使いましょう。

 

料理酢の中には添加物が含まれているものもあるので、そういったものは避けることをおすすめします。

 

そして何より気になるのが臭いではないでしょうか。それに酢を膣にいれるという抵抗感もありますよね。性交渉に酢の臭いがしてムードも崩れてしまい嫌がるパートナーの方もいると思われます。

 

女の子の産み分けに酢を使うと臭いがきつい

 

このように酢を利用した女の子の産み分けはおすすめできない理由がいくつかあります。膣内を酸性にしたい場合はピンクゼリーのような産み分けゼリーを使用するのが良いでしょう。

 

 

女の子の産み分けブログの体験談や口コミはどんな感じ?

女の子の産み分けブログの体験談や口コミはどんな感じでしょうか?

 

産み分けはデリケートな話題ですし、知人や親せきなどで話題にしにくい部分もありますよね。そんな時は産み分けブログや口コミを参考にしてみるのもおすすめです。

 

産み分けの成功イメージも持ちやすく前向きな感じで産み分けにトライしやすくなりますよね。今回はいくつか産み分けの口コミをご紹介します。

 

東京都 33歳 女性 Oさん

 

女の子の産み分けの口コミ

 

上の2人が男の子なので3人目は女の子がいいね、という考えは主人とも一致していました。そこで、2人目までは試していなかった産み分けを本気で試してみることにしました。

 

いろいろ方法を調べてみて私たち夫婦は産み分けゼリーとカレンダーによる方法を試してみました。
産み分けゼリーはどれが良いのかわからなかったけど産婦人科医と共同開発という点にひかれてピンクゼリーを購入しました。

 

産み分けゼリーの使用は初めてでドキドキしましたが、使いやすくてびっくり。見た目も可愛くて性交渉の前に使う抵抗感もありませんでした。

 

今までも2人出産しているのでタイミングについては細かく意識せずに産み分けゼリーを使用して性交渉をしたら何か月かして妊娠することができました。

 

20週に入る前くらいに女の子ということがわかり家族みんな大興奮でした。今では2歳になる娘に私たちよりもお兄ちゃんたちが夢中です。

 

大阪府 35歳 女性 Kさん

 

女の子の産み分けの口コミ

 

結婚が34歳と少し遅く、妊娠するにしても1人か2人が限界と考えたので最初の子から産み分けをすることにしました。年齢もいっているので不妊で悩むことがないように、と産み分けも不妊治療も両方行っている病院に通うことにしました。

 

病院では排卵日を測定し、指定された産み分けゼリーを購入し決められた日にセックスするようにいわれました。
不妊治療も産み分けも初めてだったので、あまりにプライベートなことに指示を出されるのに戸惑いましたが言う通りにしました。

 

結果、すぐに妊娠することができ、子供も待望の女の子なのでよかったです。この子が2歳になったら同じ病院に通い今度は男の子を希望する予定です。

 

 

女の子の産み分けで排卵日は関係ある?

女の子の産み分けで排卵日は関係あるのでしょうか?

 

女の子の産み分けで排卵日は関係ある?

 

妊娠するためには排卵日の把握は必要不可欠ですよね。むやみやたらと性交渉をしても実は妊娠の確率はそれほど上がらず、女性が妊娠する時期は排卵日前後の数日のみと限られています。

 

そして、産み分けをする場合にはさらに排卵日が重要になります。というのも排卵日前後には女性の膣内のph値が変わり、妊娠しやすい性別が変わるからです。

 

結論からいってしまうと排卵日当日になると膣内がアルカリ性に傾き男の子の精子が生き延びやすい環境になり、そのままですと女の子を妊娠する可能性は少ないです。

 

排卵日当日に性交渉をしたい場合には産み分けゼリーを使用するなどをして、膣内を酸性にする必要があるでしょう。

 

そして、排卵日前は女性の膣内は酸性の状態です。女の子になる精子は酸性に強いので生き延びやすいです。産み分けゼリーを使用しない場合には排卵日前に性交渉をすることで女の子を妊娠しやすくなります。

 

具体的には排卵日の2日前程度に性交渉をすると女の子を妊娠しやすいといわれています。

 

排卵日の2日前くらいは女の子を妊娠しやすい

 

もちろん排卵日にはずれもありますし、膣内環境には個人差があるので、排卵日前の場合でも産み分けゼリーを使うのは良いでしょう。

 

 

女の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬は?

女の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬はどれでしょうか?

 

妊娠するため、女の子の産み分けをするためには排卵日の把握が必要不可欠です。不妊治療などで産婦人科に通っている場合は病院できちんと排卵日を調べてくれるでしょう。

 

女の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬は?

 

しかし、現在は自分自身でも排卵検査薬を使用して排卵日を調べることが可能です。

 

ただし、女の子の産み分けをする場合には排卵日当日ではなく、排卵日2日前を知る必要があります。

 

そこでおすすめの排卵検査薬はL-checkです。L-checkは極わずかの成分にも反応して陽性反応を出すので排卵日2日前から反応が徐々に出てわかりやすいという特徴があります。

 

女の子の産み分けにおすすめの排卵検査薬L-check

 

不妊治療で使われることも多いL-checkは精度が高くおすすめの排卵検査薬といえるでしょう。

 

 

女の子の産み分けは病院でもできる?

女の子の産み分けは病院でもできるのでしょうか?

 

病院で産み分け指導を行っているところもありますよね。病院だとより専門的な治療ができるのではないかと考える方もいるかと思われます。

 

女の子の産み分けは病院でできる?

 

残念ながら現代の医学では100%正確な産み分け方法というのはありません。そのため、病院で産み分け指導を受けるにしても、方法は個人でやる場合とあまり変わらないことがあります。

 

病院ならではの産み分けとして一番精度が高いのは体外受精による着床前診断をすることですが、この場合は費用も掛かりますし、何より遺伝的な病気のリスクを親が抱えている場合以外などでは認められないことが多いです。

 

そのため、単に「女の子が欲しい」という理由だけでは認められないと考えておいた方が良いでしょう。

 

女の子の産み分けは病院でできない場合も

 

希望する性別の子供が欲しいという理由で産み分けをする時、病院での産み分け指導はゼリーの使用や排卵日を正確に特定して性交渉のタイミングを指導することが一般的です。

 

これだけ、きくと自分たちでやるのと変わらないと感じる方もいますよね。確かにそうかもしれません。

 

既に不妊治療などで産婦人科に通っていて排卵日の特定も前からしていた場合は合わせて産み分けについて相談してみるのもいいかもしれません。

 

しかし、一から産み分けについて相談すると病院で決められているゼリーを購入することになったり、通常より高い価格で産み分けゼリーを購入することになる可能性もあります。

 

自分の好きな産み分けゼリーを使いたい、直接ゼリーを安く購入したいという場合は産み分けゼリーの公式サイトでの購入がお得です。

 

特に人気が高いピンクゼリーは公式サイトが最安値で購入するなら公式サイト経由が断然お得といえるでしょう。

 

 

女の子の産み分けの成功率ってどれくらい?

女の子の産み分けの成功率ってどれくらいなのでしょうか?

 

女の子の産み分けの成功率は?

 

残念ながら、現代の医学では100%確実な産み分け方法というのは存在していません

 

一番精度が高いのは病院で行う体外受精の着床前診断ですがこれをできる人は限られているのが現状です。遺伝的な病気のリスクを抱えている親がより子供の病気の可能性を下げるために行うのが主流だからです。

 

そうでなく、産み分けゼリーやカレンダーを使用する場合の成功率は8割程度といわれることが多いです。やはり妊娠は自然のことですし、どれだけ精度を高めて技術が進んでも希望する性別出ない子供が生まれることもあります。

 

女の子の産み分けの成功率を上げるにはいくつか試す

 

できるだけ女の子の産み分けの成功率を上げたいという場合には、いくつかの方法をあわせて行うのが効果的です。

 

 

産み分けで女の子がほしい。外出しが良い?

産み分けで女の子がほしい。外出しが良いのでしょうか?

 

女の子の産み分けは外出しが良い?

 

女の子が欲しい時は外出しをすればいいんだよ、なんて噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。本当なのかな、そもそも外出しだと妊娠する確率は低くないのかなと気になる方もいますよね。

 

統計上のデータでは外出しの時に特定の性別ができやすいとうデータはありませんでした。

 

女の子の産み分けは外出しが良いとのデータがない

 

それでも女の子を産み分けるには外出しが良いといわれるようになったのはより膣内を酸性に保つ方が女の子を産み分けできる確率が上がるからです。

 

女の子の遺伝子情報を持つ精子は酸性に強い特徴があるので、中出しをしてアルカリ性の精液を膣内に出すよりも外出しの方が膣内のph値を酸性寄りにしておけると考えられたのかもしれません