男女 産み分け

男女の産み分けで人気の方法!
科学的に産み分けは可能?根拠のあるおすすめの方法で産み分けをしよう!

 

男女の産み分けで人気が高いのはこれ!

男女の産み分けで人気が高いのはこちらです!

 

赤ちゃんは可愛いですよね。しかも自分の子供なら可愛さもさらにアップすることでしょう。どちらの性別も可愛いですが、夫婦それぞれの事情でどちらかの性別が欲しい!ということもあると思います。

 

男女の産み分けで人気が高い方法は?

 

出生率も低下していますし、1つの家庭ごとの子供の数も減少しているので、できるだけ希望している性別の赤ちゃんを授かりたいですよね。

 

そこで今回は男女の産み分けで人気が高い方法を紹介していきます。

 

まず定番なのは産み分けゼリーを使用する方法です。最近のゼリーは使いやすさも改善されていて、手軽に男女の産み分けをすることができます。産婦人科などの産み分け指導でも産み分けゼリーを使用していることが多いです。

 

次におすすめなのが排卵日をもとにする方法です。カレンダーを利用する方法ですね。排卵日の前後に応じて女性の身体が変化するのを利用して男女の産み分けをするという仕組みです。

 

そして、最後に紹介するのは食事療法です。これまでの2つと比較して科学的な根拠などは少ないですがそれでもお金がかからず手軽にできる方法なので人気が高いです。

 

男女の産み分けで人気が高い方法を試す

 

いくつかの方法を組み合わせておこなっている方もいます。せっかくですから、パートナーと相談して希望する性別の赤ちゃんを授かりたいですね。

 

 

男女の産み分けで女の子がほしい場合は?

男女の産み分けで女の子がほしい場合はどうすればよい?

 

上の子が男の子の場合や一姫二太郎で産みたい場合などで女の子を望んでいるご家庭もあるかと思われます。確かに女の子は可愛いですよね。

 

>男女の産み分けで女の子がほしい

 

男の子は結婚するとあまり関わる機会がなくなるご家庭もありますが、女の子の場合はずっと密に付き合うことも可能です。

 

女の子が欲しい場合の産み分け方法について詳しく見てみましょう。

 

まず定番なのが産み分けゼリーを使用する方法です。産み分けゼリーを性交渉の前に使用することで女性の膣内のph値を調節することができます。そして、それにより希望する性別の精子が受精しやすくなります。

 

女の子がほしい場合の産み分けゼリーでおすすめなのがピンクゼリーです。産婦人科医と共同開発されていて安全性、使い心地、効果などが高くおすすめです。

 

産み分けゼリーは女性の膣内に挿入すること、その後妊娠した時の胎児への影響を考えるとできるだけ安心できる成分のものを利用したいと考えますよね。

 

続いておすすめの産み分け方法はカレンダーによる方法です。女性の膣内は排卵日の前には酸性の状態です。これを利用して排卵日の2日前にセックスをすることで女の子を妊娠しやすくなります。

 

排卵日の特定をする必要があるので排卵検査薬を使用するのが良いでしょう。排卵日の2日前を知る必要があるので、少し高価でもより精度の高い排卵検査薬を使うのがおすすめです。

 

最後に紹介するのは食べ物を使用する方法です。毎日の食べ物に工夫することで男女の身体をそれぞれph値をそれぞれ特定の方に傾けることが可能です。

 

男女の産み分けで女の子がほしい

 

具体的には女の子を妊娠したい場合には男性は野菜を食べ、女性は肉を多く食べるのがおすすめです。健康を損なわない範囲でやりましょう。

 

 

<<おすすめの産み分けゼリー比較を見る>>

 

男女の産み分けで男の子がほしい場合は?

男女の産み分けで男の子がほしい場合はどうすればよい?

 

男の子は個人差がありますが、ママべったりでかわいいという話をききますよね。上の子が女の子の家庭で次は男の子と考える方も多いのではないでしょうか。

 

男女の産み分けで男の子がほしい

 

産み分けをする時は男女それぞれ希望する性別ごとに取るべき行動が異なります。間違えてしまわないように注意しましょう。今回は男の子が欲しいときの産み分け方法を紹介します。

 

まず、簡単で効果があっておすすめなのが産み分けゼリーを使用する方法です。産婦人科などの産み分け指導でも使われることが高いです。科学的に根拠もあるので初めて産み分けをする人におすすめです。

 

産み分けゼリーは性交渉前に女性の膣内にいれることで膣内のph値を調整します。男の子がほしい場合には膣内をアルカリ性に傾けます。

 

おすすめの産み分けゼリーはベイビーサポートです。全て国産で安心して使用できること、未使用分の返金キャンペーンなどがあるのが人気の秘密です。

 

妊娠する時期には個人差があるので、産み分けゼリーをどれだけ購入するかいつまで購入するかは産み分けをしているとよく出てくる悩みかと思われます。そんな時も返金キャンペーンがあると安心して購入することができますね。

 

そのほかにはカレンダーによる方法も有効です。具体的には男の子が欲しい場合には排卵日当日にセックスをするのがおすすめです。

 

不妊治療をしている場合には産婦人科医で正確な排卵日を調べてもらうと良いでしょう。産婦人科に行かなくても市販の排卵検査薬を使用して排卵日を特定することも可能です。

 

男女の産み分けで男の子がほしい

 

そのほか、食事療法も手軽で人気が高いです。具体的には女性は野菜を多めにとり、男性は肉を多めに食べることで男の子を妊娠しやすくなるといわれています。

 

 

男女の産み分け方法はどんな感じ?

男女の産み分け方法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

男女の産み分けの歴史は古く世界的にも様々な方法があります。科学的に根拠がないものもありますが、長年のノウハウで確立されてきた産み分け方法もあります。

 

男女の産み分け方法はどんな感じ?

 

これまで紹介してきた産み分け方法以外にはサプリを利用する方法などがあります。女の子を産みたい場合はクランベリーサプリ、男の子を妊娠したい場合にはリンカルなどのサプリが人気です。

 

他には男の子を妊娠したい場合は性交渉前にコーヒーを飲むのがおすすめです。しかし、飲みすぎると精子の運動率自体が低下してしまうといわれているので3杯以上飲んでいる方は控えるようにしましょう。

 

他には、性交渉時の体位なども男女の産み分けで意識しているという方もいるようです。一般的に女の子を産みたい場合は、浅い体位をしている方が多いようです。反対に男の子を妊娠したい場合は正常位などの深く挿入できる体位がおすすめです。

 

また、女性が感じると膣からアルカリ性の分泌液が出るので男の子を妊娠したい場合は女性がいっぱい感じると良いともいわれています。反対に女の子を産みたい場合にはあっさりとしたセックスをすることが産み分けのコツです。

 

産み分け方法は数多くあるので全てを取り入れようとすると疲れてしまうと思います。パートナー同士で協力することが必要不可欠なのでそれぞれができる範囲、やってみようと思える範囲で産み分けに取り組むのがおすすめです。

 

男女の産み分け方法はできる範囲で取り組む

 

産み分けをしたことも将来良い思い出になるようなのが理想ですね。

 

 

男女の産み分けで確率はどれくらい?

男女の産み分けで確率はどれくらいでしょうか?

 

残念ながら、現代の発達した医学でも100%確実な男女の産み分け方法というのは存在しません

 

100%確実な男女の産み分け方法はない

 

仮に夫婦に遺伝的な疾患リスクがあり、生まれてくる子供の性別によって、病気のリスクが高まってしまうなどの事情があれば、体外受精をし着床前診断をすることで男女の産み分けをより正確にすることができますが、単に「男の子が欲しい」「女の子がいい」などの夫婦の希望のみではすることができません。

 

産み分けゼリーやカレンダーによる方法など自分の希望で行うことのできる範囲の男女の産み分け確率は高いもので約8割といわれています。

 

どうしても、100%の産み分けは存在しない以上、できるだけ男女の産み分けの確率を上げるにはいくつかの産み分け方法を並行して行うのがおすすめです。

 

男女の産み分け方法は並行して行うのがおすすめ

 

例えば、仮に8割の確率で男女の産み分けを成功させる産み分けゼリーと同じく8割の確率で産み分けを成功させるカレンダー方式を同じタイミングで利用すれば8割以上の効果が得られるでしょう。

 

男女の産み分けにはどうしても失敗してしまうリスクもあるので夫婦の無理のない範囲で取り組むのがストレスなく産み分けを続けることができるコツといえるでしょう。

 

 

男女の産み分けを科学的にできる?

男女の産み分けを科学的にできるのでしょうか?

 

産み分けの歴史は古くから世界各地で行われていました。そのため、科学的に産み分けに効果があると証明されている男女の産み分け方法もありますし、科学的には証明されてはいないけれど過去の経験や実績から今でも行われている産み分け方法も存在します。

 

男女の産み分けを科学的にできる

 

どうしても民間療法に頼るのは心配という方もいますよね。

 

特に男性の場合は理系タイプの方が多いので、根拠のない産み分けに乗り気でない方もいるかもしれません。ご主人を説得するためにも科学的な産み分けが気になりますよね。

 

一番、科学的な力を利用して男女の産み分けをするのであれば、体外受精をして受精卵を着床前診断して確かめるのが正確な産み分け方法です。

 

しかし、この方法は単に夫婦が希望してるからというだけでは試せません。

 

この方法は夫婦に遺伝的な疾患リスクがあり、生まれてくる子供の性別を管理するべきと医師が判断した際に行うことが可能です。これができる病院も限られています。

 

私たちが気軽に行うことのできる中で科学的な産み分け方法といえば産み分けゼリーを使う方法かと思います。

 

産み分けゼリーは科学的にできる男女の産み分け方法

 

産み分けゼリーを遣えば膣内のph値が調整され望む精子が生き延びやすい環境になるというメカニズムは理系タイプの方への説得にもぴったりです。

 

 

男女の産み分けはどちらが難しい?

男女の産み分けはどちらが難しいのでしょうか?

 

男女の産み分けをする上で特定の性別の方が難しいなどはあるのでしょうか。自分の希望する性別の子供の方が産み分けは難しいとなると躊躇してしまうお母さんもいるかもしれませんね。

 

男女の産み分けはどちらが難しい?

 

男女の産み分けはどちらかといえば女の子を産む方が難しいといえるでしょう。それはカレンダーによる方法で産み分けを希望した場合、女の子の場合は排卵日の2日前に性交渉をする必要があるからです。

 

生理の日数に個人差や個人の中でも体調や精神面などで数日ずれが出てしまうというのは女性の方はご存知かと思われます。

 

それと同様に排卵日もずれが生じています。排卵検査薬を使用すれば排卵日を特定することができますが、排卵日の2日前というのはなかなか予想がしにくいです。

 

排卵日は女性の膣内はアルカリ性に傾いていて男の子を妊娠しやすい状態です。一番妊娠しやすいともいえる排卵日に性交渉をできないので女の子の産み分けは男の子と比べると難しいといえるでしょう。

 

男女の産み分けは女の子が難しい

 

それでも、女の子の産み分けを希望する場合には少し精度の高い排卵検査薬を使用して、排卵日の2日前をなんとかして特定することが大切です。また、カレンダーによる方法だけでなく産み分けゼリーを使用するのも大切です。

 

 

産み分けで男女比はどうなってる?

産み分けで男女比はどうなってるのでしょうか?

 

産み分けを行う夫婦が増えていたら全体でうまれてくる男女比が変わってしまうのではないか、やはり産み分けは自然に反した行為なのかと心配になってしまう方もいるのかもしれません。

 

産み分けで男女比が心配

 

最近は昔と比べて各家庭の子供の人数も減ってきているので産み分けをするご家庭も増えてきています。

 

日本では最初から積極的に産み分けをするというよりも一人目を自然に授かり、二人目で産み分けをするというケースが多いようです。

 

そのため、あまり男女比に影響はなく、産み分けが増えてきていても統計的にみると生まれてくる子供の男女比には影響がないようです。

 

これは産み分けが積極的に行われている他の国々でも同じような統計結果が出ているので産み分けによる男女比の影響はないと考えてよいでしょう。

 

産み分けによる男女比の影響はないと考えてよい

 

しかし、唯一違ってくるのが中国です。中国では一人っ子政策があったこと、中国式カレンダーなど産み分けの歴史が古いことなどから産み分けが積極的に行われる、かつ、子供の人数も1人なので男女比が変わりつつあり、女の子よりも男の子が2割多いなんて年もあったようです。

 

 

男女の産み分けにオーガズムは関係ある?

男女の産み分けにオーガズムは関係あるのでしょうか?

 

妊娠するために性交渉は必要ですが、夫婦は妊娠するためだけに性交渉をするのではなく夫婦のコミュニケーションの一つとして性交渉を行っている方が多いですよね。

 

コミュニケーションとしてみるならば、女性も男性も気持ちよくなり愛情を感じたいところですよね。

 

男女の産み分けにオーガズムは関係ある?

 

しかし、男女の産み分けという観点で見てみると女性が感じすぎる時は男女の産み分けに影響が出てしまうことがあります。

 

女の子を産み分けで希望している場合にはあまり、女性が感じてしまったりオーガズムを繰り返してしまうと産み分けの効果が下がってしまいます

 

これは女性がオーガズムになったり感じたりするときに出る膣からの分泌液はアルカリ性だからです。

 

分泌液が増えると膣内がアルカリ寄りになってしまい、結果として男の子になる精子が生き延びやすくなってしまいます。

 

女の子の産み分けをしたい場合には、「この日は産み分け」と決めている日はあっさりとしたセックスを心掛けるのもいいかもしれません。

 

反対に男の子を産みたい場合には女性が感じれば感じるほど膣内がアルカリ性に傾き産み分けに効果的ですので、濃厚なセックスをするようにしましょう。

 

男女の産み分けにオーガズムは関係ある

 

性交渉前にこのことを伝えるとショックを受けたりムードを壊されたと感じる男性もいますので普段の時に自然に伝えることができるといいですね。

 

 

男女の産み分けにいくかどうかは影響する?

男女の産み分けにいくかどうかは影響するのでしょうか?

 

男女の産み分けにいくかどうかは影響する?

 

性交渉をしていて、男性は射精をしますが、女性の場合はいく方もいかない方もいますよね。

 

いく状態を体感すると気持ちが良いし満たされた気持ちにもなるので、せっかく夫婦で性交渉するならいきたいと考える女性も多いでしょう。今まで簡単にいけていたのにいかなくするというのも難しいですよね。

 

しかし、女の子を産み分けするときはあまり女性がいく状態になるのは避けた方が良いでしょう。

 

というのも女性がいくことで膣から分泌液が出ますがこれはアルカリ性だからです。

 

分泌液によって膣内がアルカリ性に傾くことで男の子の遺伝子情報を持つ精子が生き延びやすい環境になってしまい、結果として男の子の遺伝子情報を持つ精子が卵子と受精してしまう可能性が高まるからです。

 

これを避けるには産み分けに取り組む日は女性はあまりいかないようなあっさりとしたセックスをするのが良いでしょう。産み分けゼリーを使用してあらかじめ女の子を妊娠しやすい状態の膣内環境に整えておくのも良いでしょう。

 

男女の産み分けにいくかどうかは影響する

 

しかし、性交渉自体は単に妊娠するための行為でなく夫婦のコミュニケーションや愛情表現でもあります。産み分け以外の日にはたっぷりお互い愛情表現をできるといいですね。

 

 

男女の産み分けと排卵日の関係は?

男女の産み分けと排卵日の関係はあるのでしょうか?

 

男女の産み分けと排卵日には密接な関係があります。産み分け方法の一つに排卵日を調べて、性交渉をする日を決める産み分け方法もあります。

 

男女の産み分けと排卵日の関係は?

 

産婦人科で産み分け指導を受けた場合でもこの排卵日をもとに性交渉をする日を決める産み分け方法を行うことがあるくらいです。

 

男の子を妊娠したい場合には排卵日当日に性交渉をするようにしましょう。これは膣内の状態が排卵日当日になるとアルカリ性になり男の子を妊娠しやすい状態になるからです。

 

反対に女の子を妊娠したい場合には排卵日当日ではなく、排卵日2日前程度に性交渉をするようにしましょう。これは排卵日前は女性の膣内の状態が酸性であることが理由です。

 

女の子になる精子は酸性に強いという特徴があるので、女の子を妊娠しやすくなるという仕組みです。

 

このことからわかるように、男女の産み分けをする時には排卵日の特定はとても重要になります。必要不可欠ともいえるでしょう。

 

男女の産み分けと排卵日の関係は必要不可欠

 

基礎体温をつけていて、ざっくりとした排卵日を調べている方や妊娠しやすい時期を調べている方もいるかもしれませんが、男女の産み分けをする場合は排卵検査薬を使用したより精度の高い排卵日の特定をすることをおすすめします。

 

 

男女の産み分けにストレスも関わってる?

男女の産み分けにストレスも関わってるのでしょうか?

 

男女の産み分けにストレスも影響している、なんてどこかで目にしたことがある方もいるかもしれません。

 

そんな情報を目にするとストレスをコントロールした方がいいのかな、なんて思いますよね。しかし、ストレスを減らすならまだしもストレスを増やすのは難しそうです。

 

イギリスやアメリカではストレス値の高い女性は女の子を出産しやすいという統計データが発表されているようです。

 

男女の産み分けにストレスも関わってる?

 

しかし、ストレスを抱えている女性は女の子を出産しやすいというところまではわかっていますが、どうしてストレスがあると女の子を産みやすいかは解明されていないようです。

 

また、不況の時、大事件の後などには女の子が生まれやすくなる統計データもあるようです。

 

このことからみても女の子は妊婦さんのストレス値が高い方が生まれやすいのかもしれませんね。

 

しかし、だからといって女の子が欲しいといってストレスを増やしてしまうのはよくありません。ストレスが増えてしまうとそれだけで妊娠する確率が下がってしまうし不妊の原因にもなってしまう恐れがあります。

 

ストレスで男女の産み分けは考えない方が良い

 

ストレスは健康にも妊娠にも、その後の胎児の成長にも悪影響が大きいです。ストレスで男女の産み分けというのは考えないようにした方が良いでしょう。

 

 

男女の産み分けは体外受精でもできる?

男女の産み分けは体外受精でもできるのでしょうか?
男女の産み分けは体外受精をすることで確実にできるなんて情報を知った方もいるかもしれません。

 

男女の産み分けは体外受精でもできる?

 

確かに体外受精を行い、受精卵を着床前診断することによって産み分けをすることができます。しかし、この産み分け方法をすることができる方は限られた方のみです。

 

生殖細胞には生殖情報以外にも病気の情報なども入っています。なので、夫婦に遺伝的な疾患リスクがある場合、特定の子供の性別だと生まれてくる子供の病気のリスクが高まってしまうことがあります。

 

そういった場合ですと体外受精による産み分けが認められています。

 

体外受精による産み分けができる病院は限られていますし、手続き等もすごく大変です。

 

日本では遺伝的リスクがあるケース以外では体外受精で産み分けを行うことは倫理的な観点から禁止されています。

 

あくまでも着床前診断は染色体異常などを見つけるためのものであり、性別を特定するためのものではないからです。

 

また、体外受精による着床前診断をしたとしても100%受精卵の性別を特定することはできません

 

体外受精による産み分けは現実的でない

 

このことから考えると体外受精による産み分けはあまり現実的ではありません。私たちにできる範囲の産み分け方法をした方が良いでしょう。

 

 

中国式の男女の産み分け法とは?

中国式の男女の産み分け法とはどんなものなのでしょうか?

 

中国式の産み分けについて調べたことがある方もいるかもしれません。産み分けの歴史は世界各地にあり、中でも中国式のものは有名です。

 

中国式の男女の産み分け法とは?

 

中国式の産み分けはカレンダーによるものです。中国式カレンダーなんて呼ばれていることもあります。

 

中国式産み分けは、昔の中国の政府で何百年にもわたり、母親の生年月日、受精日、子供の性別を調べ続けた統計データによるものです。

 

統計データを集めた結果、今では母親の生年月日を調べると受精日によって生まれてくるであろう子供の性別がわかります。

 

インターネット上には母親の生年月日や排卵日等をいれると中国式カレンダーに基づいて産み分けのおすすめ性交渉日を教えてくれるサービスなどもあります。

 

また、母親の生年月日や受精した日を調べると実際に生まれてきた子供と中国式カレンダーによる性別が一致しているというケースも多いようです。

 

過去の膨大な数の統計データをもとにしていることもあり、中国式カレンダーの精度は高く8割程度ともいわれています。

 

中国式の男女産み分けはカレンダー

 

手軽に試しやすい方法でお金もあまりかかりませんので、気軽に取り入れてみるといいかもしれませんね。排卵検査薬を使用して排卵日を特定するとより効果的でしょう。

 

 

男女の産み分けブログや体験談はどんな感じ?

男女の産み分けブログや体験談はどんな感じでしょうか?

 

ママ友や親せきなど身近に産み分けを体験した方がいれば感想をききやすいですが、身近に産み分けをした方がいない場合はなかなか意見を聞きにくく体験談などが集めにくく不安ですよね。そこで今回は男女の産み分けの体験談を集めてみました。

 

東京都 35歳 男性 Tさん

 

男女の産み分けブログや体験談

 

上2人が女の子なので、できたら男の子が欲しいなと思っていました。主人は今でも会社の趣味のサッカーチームに所属するほどのサッカー好き。女子サッカーもメジャーになってきてますが、男の子とサッカーをしたがっていました。

 

上の子を産んだ産婦人科では産み分け指導はやっていなかったので、別の産婦人科で産み分け指導に通うことにしました。年齢的にも35歳を超えていたので早く結果を出したかったからです。

 

病院の指導のもと、リンカルというサプリと産み分けゼリーを使用しました。あとは排卵検査をしてもらいました。

 

リンカルや産み分けゼリー、診察を合わせるとお金がかかったのであまり長引くと嫌だな、と思っていたのですが3か月ほどで無事妊娠し、待望の男の子でした。上の2人も可愛がり我が家のヒーローです。

 

千葉県 36歳 女性 Oさん

 

男女の産み分けブログや体験談

 

結婚が遅かったので、出産も当然遅くなってしまいました。芸能人などでは高齢出産する人もいるけど私は不安で。子供好きの主人と相談し、40歳になるまでは不妊治療をしてみようということになりました。

 

不妊治療先の病院では産み分け指導も行っていました。むしろ産み分け指導が人気だったようです。私たちも年齢的に子供は1人のみになりそうなので、主人も私も希望していた女の子の産み分け指導も受けることにしました。

 

結果として、半年で女の子を妊娠。ベビー服を選ぶときから楽しくて女の子でよかった!と思っています。

 

男女の産み分けについての論文はある?

男女の産み分けについての論文はあるのでしょうか?

 

産み分けというのは自然に反する行為という意見も中にはあります。科学的にどこまで研究を進めていいのかという部分も学者によって意見がわかります。

 

かといって、産み分けに関する研究が進んでいないわけではなく、産み分けに関する論文もいくつかあります

 

男女の産み分けについての論文はある?

 

科学的な部分から産み分けについて知りたいという方はそういった論文に目を通してみるのもいいかもしれませんね。

 

おすすめの論文は「日本における子どもの性別選好:その推移と出生意欲との関連」などです。

 

ちなみに、家畜の雄雌産み分けは当たり前に行われ研究も行われているので論文も多いです。論文関係を調べるときは検索ワードに「pdf」をいれるとヒットしやすいのでおすすめです。

 

男女の産み分けについての論文を見る