産み分けゼリー

産み分けゼリーのおすすめはコレ!
男の子・女の子、希望する性別の赤ちゃんがほしい!
産み分け初めての方にも使いやすい商品を紹介します

 

産み分けゼリーのおすすめはこちら!

産み分けゼリーのおすすめはこちらです。

 

子供は授かりものといってもすでにいる子供との関係や様々な理由などでどちらかの性別が欲しいと思うこともありますよね。

 

産み分けゼリーで男女の産み分け

 

少子化が進んでいて子供を1人、もしくは2人しか持たない夫婦も増えてきているので、
なおさら性別が気になるという方も多いと思います。

 

男女の産み分けを考えた時にまずお手軽で試しやすいのが、
産み分けゼリーかと思います。

 

しかし、周りの方になかなか口コミを聞きにくいですし、
おすすめがわかりにくいですよね。

 

そこで、今回はおすすめの産み分けゼリーを紹介します。
産み分けしたい性別によっておすすめの産み分けゼリーが異なるので性別別にみていきましょう。

 

まずは女の子を産みたい場合におすすめの産み分けゼリーです。
ランキング形式で紹介しちゃいます。

 

第一位はピンクゼリーです。
女の子を産みたいなら、これというくらいの人気商品です。
魅力はなんといっても使いやすさと安全性です。

 

産み分けゼリーは女性が膣の中に入れて使用するので、
他の産み分けゼリーも安全性や使いやすさを重視して作られていますが、
ピンクゼリーは産婦人科医と共同開発でより精度や安全性が高いといえるでしょう。

 

続いて、第二位!ベイビーサポートです。
ベイビーサポートの魅力はおめでた返金キャンペーンを実施しているところです。
余ってしまったベイビーサポートを引き取り返金をしてくれます。
これは嬉しいですよね。
返金のお金でベビー用品なども購入できそうです。

 

そして、第三位!ハローベビーです。
日本製で安心して使えると人気の商品です。
公式サイト以外からでもAmazonなどからでも購入できるのが嬉しいポイントです。

 

産み分けゼリーで男女を産み分け

 

次は男の子を産みたい場合のおすすめの産み分けゼリーを見てみましょう。

 

第一位はベイビーサポートです。
女の子の産み分けゼリー第一位ピンクゼリーは女の子を産みたい方向けの商品なので注意しましょう。
ベイビーサポートは男の子用、女の子用両方が売られています

 

第二位はハローベビーです。
ハローベビーも男女両方の商品があります。パッケージの色も違うのでわかりやすく間違えてしまうことは少ないと思われます。

 

第三位はグリーンゼリーです。
他の産み分けゼリーと違い、自分で注射器にジェルをいれて使う必要があるので、
初めて産み分けゼリーを使う方には少し難易度が高いかもしれません。

 

しかし、価格が他のゼリーと比べて安いので、
繰り返し使うことを考えるとコスパ的に良いかもしれませんね。

 

 

産み分けゼリーの使い方は?

産み分けゼリーの使い方はどんな感じでしょうか?

 

産み分けゼリーが気になるけど実際にどう使うのか知りたい!という人も多いと思われます。

 

なかなか産み分けについてはママ友や家族、親戚の間などでも話題にしにくいデリケートな話題で疑問があっても解決しにくいですよね。産婦人科などでも先生によっては聞きにくい雰囲気です。

 

産み分けゼリーの使い方を知りたい

 

産み分けゼリーは主に女性の膣に入れて使用します女性の膣の中のph値を産み分けゼリーによって調整することで希望する性別の子供をより妊娠しやすくする仕組みです。

 

そのため、あらかじめ決められた時間に産み分けゼリーを女性の膣に挿入します。多くの場合は性交渉の直前となっていることが多いです。

 

注射器のようなもので産み分けゼリーを挿入するので初めて使う方は不安かと思われます。しかし、産み分けゼリーは初めて使う方でも簡単に使えるようにどのメーカーも使い心地や使い方を工夫しています

 

例えば、少し前までの産み分けゼリーはゼリーを使用前に作って自分で付属の注射器にいれて膣に挿入という流れが多かったです。

 

これでは注射器を使いまわす不安もありますし、衛生面で心配になりますよね。ゼリーが適切な粘度になるように温度管理も大変でした。

 

そこで、今はあらかじめ注射器の中に程よい粘度のゼリーが入っていて、すぐに使用することができる産み分けゼリーが一般的です。このように商品の成分だけでなく、使い方も日々改善されています。

 

新しい使い方なら注射器を使いまわす事もないですし、ゼリーの温度管理やゼリーを作る手間も必要ありません

 

産み分けゼリーの使い方は簡単になった

 

また、膣に異物を挿入する不快感を少しでもなくすように注射器を補足したり、挿入しやすい形にするなどの改良も行われています。そのため、産み分けゼリーの使い方はとっても簡単です。

 

 

産み分けゼリーの効果とは?

産み分けゼリーの効果はどんな感じなんでしょうか?

 

産み分けゼリーは結局のところ、効果があるの?と気になる人も多いかと思われます。産み分けゼリーは1箱あたり1万円以上するものも多く、効果が出るのかは多くの方が気にすると思います。

 

産み分けゼリーの効果が気になる

 

高いお金を出して使うので、効果を出るものを選びたいですよね。

 

産み分けゼリーの効果については科学的にも証明されています。というのも性別を決めるのは男の人側の精子であり、精子の中には女の子の遺伝子を持つもの、男の子になる遺伝子を持つものがあるからです。

 

それぞれの精子には特徴があり、女の子になる遺伝子を持つ精子や男の子になる遺伝子を持つ精子それぞれ生き延びやすいph値が決まっています。

 

産み分けゼリーはゼリーによって膣内のph値を調節するので望んでいる精子が生き延びやすいph値を作り出すことができます。これにより、望んだ精子が受精しやすく効果が出るというメカニズムになっています。

 

産み分けには様々な方法がありますが、その中でも直接膣内のph値を調節する産み分けゼリーは簡単でかつ効果が出やすい特徴があります。

 

そのため、不妊治療や産み分け指導を行っている産婦人科でも、
産み分けゼリーの使用をすすめています。
実際に産婦人科の病院の中には産み分けゼリーを販売している病院もあります。病院でも販売しているとなると効果が高いと感じますよね。

 

産み分けゼリーを販売する病院

 

産み分けには昔からいろいろな方法があり、民間療法もたくさんあります。しかし、民間療法の中にはあまり信ぴょう性がないものもありますので、これからトライするなら、効果が出やすく信ぴょう性の高い産み分けゼリーからスタートしてみるのがおすすめです。

 

 

産み分けゼリーで女の子がほしいなら

産み分けゼリーで女の子がほしい場合は!

 

産み分けゼリーで女の子に産み分けしたい

 

「可愛い服を着せたいから女の子!」「上の子は男の子ばかりだから最後は女の子!」などの理由で女の子を希望しているご夫婦も多いと思います。

 

産み分けゼリーで女の子が欲しいなら、まず大切なのは女の子用の産み分けゼリーを使用することです。産み分けゼリーには男の子用、女の子用があるので注意しましょう。

 

一般的に女の子用産み分けゼリーはピンク色のパッケージが多いので購入するときはパッケージや商品説明もよくみるようにしましょう。

 

 

産み分けゼリーで男の子がほしいなら

産み分けゼリーで男の子がほしい場合は!

 

産み分けゼリーで男の子に産み分けしたい

 

「パパが男の子を欲しがっている」「女の子ばかりだと名字を継いでくれる子がいない」などの理由で男の子を望む夫婦もいるのではないでしょうか。

 

産み分けゼリーを使用して男の子を望むならまず男の子用の産み分けゼリーを使用しましょう。パッケージは緑色が多いです。パッケージや商品説明をよく見て購入しましょう。

 

また、産み分けにはカレンダーによる方法や食事による方法など様々な方法があるので、いくつかを併せて試してみるのもいいですね。

 

 

産み分けゼリーの通販で値段がお得な販売店は?

産み分けゼリーの通販で値段がお得な販売店はどこでしょうか?

 

産み分けゼリーを購入する時に気になるのは安全性や使い方もそうですが、価格も気になるところではないでしょうか。

 

産み分けゼリーを使用するには妊娠するまで使用することになります。
不妊治療の一環で産み分けを行っているなら、
より多くの産み分けゼリーが必要になる可能性も考えられます。

 

そのため、安全性や使い方などだけでなく、産み分けゼリー自体の値段も選ぶ時のポイントになります。

 

産み分けゼリーで値段がお得な販売店が気になる

 

質の良い産み分けゼリーは高いと思われがちですが、購入する販売店によって値段が違うので同じ産み分けゼリーでもできるだけ安いお店を探して購入するようにするとよいでしょう。

 

今回は人気の産み分けゼリーであるピンクゼリーとベイビーサポートそれぞれの値段がお得な販売店を紹介します。

 

まずはピンクゼリーです。ピンクゼリーは販売店がそもそも限られているのでAmazonや楽天では取り扱いがありませんでした。

 

値段のお得さや購入しやすさから考慮すると公式サイトで購入するのがおすすめです。値段だけでなく、必要な時にすぐ購入できるというのも魅力ですよね。

 

ピンクゼリーは公式サイトでは1箱10本入りが14,800円で購入することができます。そして、2箱まとめて購入するとお値段が通常価格の3,000円オフの26,600円で購入が可能です。

 

さらにまとめ買いの場合は送料や代引き手数料もお得になるのでよりお財布的にも優しいですね。

 

産み分けゼリーがお得な販売店

 

続いて、ベイビーサポートです。Amazonでは1箱あたり14,280円、楽天では1箱当たり16,800円で購入が可能でした。しかし、公式サイトの通常価格は1箱で13,800円なので公式サイトでの購入がお得です。

 

そして、公式サイトではまとめ買いキャンペーンやおめでた返金キャンペーンが行われています。

 

まとめ買いキャンペーンでは3箱まとめ買いすることで、
1箱あたりの値段を9,660円まで抑えることが可能ですし、おめでた返金キャンペーンでは未使用のベイビーサポートの買取をしてくれます。

 

 

産み分けゼリーは薬局や病院での手に入る?

産み分けゼリーは薬局や病院での手に入るのでしょうか?

 

産み分けゼリーを購入したいけれど普段からインターネット通販をしていないので、なんとなく通販での購入をためらってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

産み分けゼリーが急にほしくなった時、薬局や病院でも購入できると便利ですよね。そこで今回は産み分けゼリーが薬局や病院などで直接購入できるか解説しちゃいます。

 

まずは薬局についてです。薬局では産み分けゼリーは2017年11月時点では販売されていません

 

これは産み分けが自然に反しているのではないかという倫理的な問題もあるかと思われます。そのため、今後も産み分けゼリーが薬局で並ぶ可能性は低いでしょう。

 

産み分けゼリーは薬局にない

 

続いて産婦人科です。産婦人科では病院によって異なるというのが答えです。というのも産婦人科医によっては産み分けは自然に反するので反対と考えている医師もいるからです。

 

その場合、当然病院で産み分けゼリーを購入することもできないですし、産み分け相談なども受けてくれないでしょう。産み分けをしたい場合は口コミなどで産み分け相談をしているか調べるのも一つの手です。

 

しかし、産み分けを患者の希望の一つとして積極的に扱っていたり不妊治療の一環で産み分け指導を行っている病院もあります。そのため、そういった産婦人科では産み分けゼリーの販売をしている場合もあります。

 

しかし、産婦人科で産み分けゼリーが売られている時は多くの場合、種類が少なく病院おすすめの産み分けゼリーの提供のみになります。

 

産み分けゼリーはインターネットがお得

 

自分でインターネットで調べた産み分けゼリーと違う産み分けゼリーしか売られていないこともあるでしょう。そのため、産み分けゼリーを購入するときはインターネットを利用するのが簡単でお得です。

 

 

産み分けゼリーの成功率や安全性は?

産み分けゼリーの成功率や安全性はどうでしょうか?

 

産み分けゼリーを使用してみたいけれど、成功率や安全性が気になる!という方も当然多いのではないでしょうか。

 

産み分けゼリーの成功率や安全性が気になる

 

夫婦そろって産み分けに前向きな気持ちで一緒に産み分けゼリーなどを調べるのが理想的ですが、パートナーのどちらかはそれほど前向きではなく、産み分けゼリーの使用に消極的で産み分けゼリーの成功率や安全性を聞かれてしまう事例も考えられます。

 

産み分けゼリーの成功率は商品によって異なりますが、8割程度といわれています。これは産婦人科などでも使用されている高い品質の産み分けゼリーによる数字です。

 

産み分けゼリーは当然、消耗品ですし費用がかかるので、ついつい安いものをと考えてしまうかもしれませんが、ある程度の値段の品質の高い産み分けゼリーを選んだ方が成功率も高く使いやすいのでトータルで見るとお得です。

 

そして、産み分けゼリーで最も気になるのは安全性ではないでしょうか。産み分けゼリーは主に膣内に性交渉の直前に挿入し膣内のph値を調節します。

 

膣内にゼリーをいれることになるので女性側への影響も気になりますし、産み分けゼリーを使用してできた子供への影響も気になるところですよね。

 

産み分けゼリーは古くからある商品で安全性は十分に確保されています。それでも安全性が気になり心配という人は国内の工場で製造されている産み分けゼリーなどを選ぶと良いでしょう。

 

産み分けゼリーは安全性がある

 

また、産み分けゼリーにはあらかじめ注射器の中にゼリーが入っていて1回1回注射器を使い捨てるタイプとゼリーを作り自分で注射器に入れるタイプがありますが、使い切りタイプの方が衛生面からみても安全性がより高いのでおすすめです。

 

 

男女の産み分けはどう違う?

男女の産み分けはどう違うのでしょうか?

 

男女の産み分けは大まかなメカニズムは一緒ですが、具体的な行動は異なります。というのも産み分けは男性の精子のうち希望する性別の遺伝子を持つ精子を卵子にまで届けることが大切だからです。

 

男女の産み分けはどう違う?

 

男性は希望する精子を強くする生活習慣や工夫をし、女性は膣内環境を希望する精子が生き延びやすく整えることが産み分けの流れになります。

 

そのため、希望する性別によって取るべき産み分けの行動は変わってくるのでよく調べたうえで行動をとるようにしましょう。

 

 

産み分けを病院(産婦人科)でやる時の方法や費用は?

産み分けを病院(産婦人科)でやる時の方法や費用はどうでしょうか?

 

産み分けはデリケートなことですので、病院によっても受け取り方が様々です。病院によっては産み分けは自然に反する行為としてあまり賛成をしてくれない可能性もあります。

 

産み分けを病院(産婦人科)でやる時の方法や費用は?

 

しかし、産み分けを患者の希望の一つとしてとらえてくれる病院や遺伝的にどちらかの性別の子供を作ったほうが良い夫婦の場合や不妊治療の一環として産み分けを積極的に行ってくれる病院もあります。

 

産み分けに積極的な病院はそれだけノウハウがあるので、産婦人科選びをするときには口コミなどを参考にして選びましょう。インターネットでは産み分けを行っている病院のリストもあるので参考にするのもおすすめです。

 

産婦人科の病院では特別な産み分け方法を行うと考える方もいるかもしれませんね。どんな方法で病院では産み分けを行うのかみていきましょう。

 

基本的には病院での産み分け方法も私たちが自分たちでやる産み分けと同じで性交渉のタイミングの指導と産み分けゼリーの使用によるものです。

 

しかし、産婦人科ではより正確に排卵日や膣内のph値などを調べることができるので、自分自身でやるよりもより精度が上がるかもしれませんね。

 

費用は病院によってまちまちです。産み分けに限らず妊娠に関することは自費診療が多いので注意しましょう。

 

産み分けゼリーの購入に1万円程度、毎回の診察で数千円と考えておくとよいかもしれません。不安な方は病院の診察で最初に聞くようにしましょう。

 

産み分けを病院(産婦人科)でやる時の方法や費用を聞く

 

そして、例えば遺伝的な疾患のリスクを抑えるために産み分けを積極的に行う必要がある事例があります。その場合は体外受精を行い、受精卵の着床前診断を行って確実に産み分けを行います。

 

この場合は民間療法や病院での産み分けの中で一番精度が高くなります。しかし、遺伝的な疾患リスクがない場合にはこの方法を取る許可がおりにくく、手続きにも時間がかかりますし費用も高額になってしまいます。

 

 

産み分けブログの体験談や口コミはどんな感じ?

産み分けブログの体験談や口コミはどんな感じでしょうか?

 

妊娠や出産はデリケートな問題ですし、個人差がすごく大きい話題ですよね。そのため、身近な友人や親せきなどとは価値観が違ったり話が合わないということもあるでしょう。

 

そんな時は同じような状況の方のブログなどが参考になるという方も多いのではないでしょうか。

 

産み分けブログや体験談を参考にする

 

産み分けブログの多くは産み分けゼリーを実際に使用しているので使い心地などを紹介してくれています。各社の産み分けゼリーを使い分けて比較している方などもいるので、より参考になるのではないでしょうか。

 

また、実際に産み分けに成功した方のブログを見るのも成功後の生活がイメージできて楽しそうです。妊娠中の様子を見るのも楽しいですよね。

 

産み分けブログの多くは質問などにも好意的に答えてくれるところが多いのでわからないことがある場合は質問をするのもおすすめです。

 

また、産み分けは古くから歴史があり医学的には因果関係が証明されていない民間療法もたくさんあります。

 

病院で産み分け指導を受ける場合にはこういった民間療法は教えてくれない可能性が高いので産み分けのためにできることは民間療法を含め全て試したいと考えている方にとってブログは情報源になるでしょう。

 

産み分けブログをしている方の多くは産み分けゼリーやカレンダーの他にも食事や生活習慣などの民間療法による産み分けも行っています。

 

このように産み分けはいくつかの方法を並行して行いトータルの成功率を上げていくのが一般的です。健康を損なわない程度で食事療法を試したいなどという方はブログをいくつか見て食事療法について勉強するのもいいですね。

 

産み分けブログや体験談を参考にする

 

産み分けブログは産み分けをした実体験が細かく書かれていて、実際に誕生した子供への愛情にあふれているブログが多いです。

 

そのため、産み分けについてなかなか積極的になれていない方や産み分けをするか悩んでいる方の背中を押してくれるという効果もありそうです。

 

 

産み分けカレンダーとは?

産み分けカレンダーとはなんでしょうか?
産み分けについて調べていて、産み分けゼリーと同じくらい目にするのがカレンダーではないでしょうか。

 

産み分けカレンダーとは

 

産み分けカレンダーとは排卵日やお母さんの生年月日をもとにして、受精日による性別を予想する方法です。

 

女性の膣内は産み分けゼリーを使用していなくても、ph値が日々変化しています。

 

例えば、排卵日前の女性はph値が低く膣内は酸性に傾いている状態です。この場合、女の子の遺伝子情報を持つ精子にとって適した環境なので女の子を妊娠しやすいといえるでしょう。

 

逆に排卵日になるとアルカリ性に膣内が傾くので反対に男の子を妊娠しやすくなります。

 

このため、排卵日を確実に知ることができればカレンダーをもとにして希望する性別の子供を妊娠しやすい時期を知ることができます。

 

排卵日自体は排卵検査薬などを使用すれば知ることができるので、産み分けゼリー同様にカレンダーによる産み分け方法は精度が高く人気がある方法です。

 

産み分けカレンダーをチェック

 

病院による産み分け指導でもカレンダーによる方法が行われることもあります。

 

カレンダーによる方法は世界各地で古くからおこなわれていて、中国式カレンダーやブラジル式カレンダーなどいくつか種類があります。

 

 

産み分けの確率ってどれくらい?

産み分けの確率ってどれくらいでしょうか?
産み分けをしたいと考えた時に気になるのが結局産み分けってどのくらいの確率でできるの?というものではないでしょうか。

 

産み分けの確率

 

産み分けの確率によって産み分けを試すかそれとも自然に任せるか決めたいという方もいると思います。

 

産み分けの確率自体は現代の医学でも残念ながら100%ではありません

 

そのため、民間療法や自分自身で産み分けにトライするにしろ、病院で産み分け指導を受けるにしろ、成功確率が100%ではないということを頭に入れておいた方がよさそうです。

 

なにがなんでも望む性別の子供ではないと嫌、希望と違った場合育てる自信がないという場合には産み分け自体を行わず、妊娠時期を少し延ばす方が良いかもしれません。

 

産婦人科での産み分け指導を受けた場合でも自分で産み分けを試した場合でも産み分けの確率は男の子希望の場合は高くて80%から90%、女の子の場合は70%から80%といわれています。

 

女の子の方が若干確率が下がるのは排卵日当日はどうしても男の子が生まれやすくなることも理由にあると思われます。

 

今回は産み分けの確率が下がる要因について考えてみましょう。

 

排卵検査薬の使用や産婦人科での診察によって排卵日を特定することは可能ですが、受精日を希望していた日にするのは難しく中にはずれてしまうこともあります。

 

現在行われている産み分け方法の多くは女性の膣内環境を整えて、希望する性別の遺伝子情報を持つ精子の生き延びやすい環境にして受精させやすくするというものがほとんどです。

 

なんらかの理由で女性の膣内環境が整っていなかった、または男性側の精子がもとから特定の性別の情報を持つ精子が強く生き延びやすかったなどということが考えられます。

 

また、膣内環境を操作しても希望していない側の遺伝子情報を持つ精子がかならず死んでしまうわけではないので、低い確率で生き延びて受精までしてしまうこともあるでしょう。

 

産み分けの確率を少しでも上げるように取り組む

 

産み分けは自然の持つ力を利用して希望する性別の子供を授かる確率を少しでも上げるものという認識を持っていると前向きに産み分けに取り組むことができそうです。

 

 

産み分けによい食べ物や食事はある?

産み分けによい食べ物や食事はどれでしょうか?

 

産み分けには科学的に証明されている方法にも民間療法があります。そして、民間療法の中で代表的なものが食事療法です。

 

食べ物や食事を変えて産み分けをするのは、お金がかからないのでトライしやすいというメリットがあります。

 

反対にデメリットとして食事療法による産み分けしか行わない場合は産み分け確率がそれほど上がらないので過度な期待をしないようにしましょう。

 

他の産み分け方法を試しながら、より確率を上げるために食べ物に工夫をしたり食事療法を行うというのがおすすめです。

 

食べ物に工夫をする目的としては女性は膣内環境をより希望する性別の遺伝子情報を持つ精子が生き延びやすいph値に整えることです。そして、男性側は希望する性別の精子をよりタフに健康にすること、数を増やすことが目的です。

 

まず女性の場合を見ていきましょう。女の子を妊娠したい場合は膣内を酸性に傾ける必要があります。お肉などの動物性の食べ物や酸性の食べ物を積極的に食べることで女性の膣内は酸性に傾きやすいです。

 

産み分けに良い食事

 

反対に野菜などの食べ物やアルカリ性の食べ物は少し控えるようにしましょう。

 

そして、男性の場合、女の子が欲しい場合には野菜などの植物性の食べ物やアルカリ性が強い食べ物を食べるといいでしょう。肉好きの男性などには少し辛いかもしれませんね。

 

少しずつ改善していくと無理がなくストレスも少ないのでおすすめです。

 

男の人と女の人で食べ物が異なるので注意が必要です。料理を作るときや献立を考える時は少し手間になってしまうかもしれませんね。

 

反対に男の子を希望している時は女性は野菜などの植物性のものやアルカリ性の食べ物を食べましょう。男性は肉や酸性の食べ物を食べると良いでしょう。

 

産み分けに良い食事

 

しかし、あまりストイックに食事制限を行ってしまうと妊娠する前に健康を害する恐れがあります。食事療法を行う場合にはあくまでも健康に害のない範囲で行うのが大切です。

 

 

中国式の産み分けとは?

中国式の産み分けとはどんなものでしょうか?

 

産み分けは世界各地で昔から行われていました。そのため、土地によって様々な産み分け方法があります。日本にとってもメジャーなもののひとつに中国式の産み分けがあります。

 

中国式産み分けとは

 

産み分けについて調べていた方も中国式産み分けを目にしたことがある方もいるかもしれません。

 

中国式産み分けは主に母親の生年月日と受精日によって性別を特定するというシステムです。

 

どうして、母親の生年月日と受精日で子供の性別がわかるの?と不思議ですが、長年の中国の歴史の中で母親の生年月日、子供の誕生日、性別などの統計データを集めて、より確かな情報へと変えていった背景があります。

 

そのため、中国式カレンダーは産み分け方法の中でも精度が高く産み分けゼリー同様に多くの方に試されています。既に誕生している子をデータに当てはめてみると80%以上一致するともいわれています。

 

ただ、母親の生年月日はわかりやすいですが、受精日を特定するのは難しいですよね。中国式カレンダーの精度は高いですが、元のデータである受精日が違ってしまうと当然うまくいかないこともあります。

 

中国式産み分けだけではうまくいかない場合もある

 

それを避けるためには性交渉のタイミングに注意する、より産み分けの可能性を高めるために産み分けゼリーなど他の方法も一緒に試すなどの工夫が必要です。

 

 

産み分けが失敗する原因は?

産み分けが失敗する原因はどこにあるのでしょうか?

 

現代の医学では絶対成功する産み分け方法は存在しないのでどうしても産み分けには失敗が起こってしまいます。

 

産み分けの失敗

 

産み分けの失敗は親の希望する性別の子供が生まれないことです。希望する性別でなくても子供が生まれているんだからいいじゃないかとあまり失敗について言いにくいムードもあります。

 

そこで事前に産み分けの失敗する原因をおさえておいてできるだけ失敗を回避するといいでしょう。

 

まず、産み分けには女性の排卵日の把握が大切になります。女性の排卵日が近づくにつれて女性の膣内は女の子を妊娠しやすい酸性へと変化します。そして、排卵日当日には男の子を妊娠しやすいアルカリ性へと変化します。

 

この膣内の環境変化には個人差もありますし、排卵日はずれてしまうこともあります

 

排卵検査薬を使用して確実に排卵日を調べたり、普段から生活環境を整えてストレスをなくし排卵のずれを極力小さくすることは産み分けの失敗を減らすことにつながります

 

また、人間の身体自身の特徴だけに頼るのではなく、場合によっては産み分けゼリーなどを使用して、膣内の環境を希望する性別の子供を妊娠しやすいように整えてあげることも大切です。

 

産み分けの失敗をなくすために色々試す

 

産み分け方法はたくさんありますが、信頼できそうで自分の試せるものをいくつか並行して試すのが効果的です。